スポンサーサイト

  • 2015.04.04 Saturday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


207 余白と変化

class="pict"

傍らで眠る猫を見ていると、そこに余白が必要なのだと感じる。猫は本当に、その場所を見つけるのが上手い。隣にちょこんと座り、目が合うと、「それでは」とその隙間に入ってくる。そして苦もなく、自分のいいように余白に収まってしまう。
 

悔しくなったので、こちらの都合に合わせてひっくり返してみると、しょんぼり顔のこの子。意地悪をしてごめんなさい。でも僕は、君のことが好きなんだ。
 
続きを読む >>

205 なだめる

親友からのFaceTimeオーディオ。半年ぶりなのに、ブランクを感じさせない、相変わらずの会話。最後に会ってから半年しかたっていないのだけれど、、その間の互いの生活の濃密さと同時に、20年近い時間に上積みしたかかわりの安定を実感する。ここ一ヶ月、本当にイライラと過ごす毎日で、刺々しさを身にまとってしまっていたのだけれど、、いつの間にか、棘をなだめられるこの感じ。外的から身を守ろうと、刺を張り出したストレスフルなハリセンボンは、こうして穏やかなフグに戻っていくんだろう。

あー、人に恵まれているんだ、と思う。見つめるべきは、いつだってそこなんだと思う。けれども、関わりの薄い多くの人間関係の中で、一度振り上げた拳はなかなかおろすことができず、体中を怒りが駆け巡ることもしばしば。いかんいかん。


友人に教えてもらった沖縄の人たちの、音に込めた思いを聴きながら、、選ばなかった人生、選べなかった人生について、思いを巡らす。そういえば二十歳のとき、僕は沖縄におりたち、初めて目の当たりにしたエイサーの音に心を射抜かれたんだった。この人たちと一緒に踊りたい、三線を習い、歌いたい。そんな風に思ったことがあったんだった。もしもそのとき、僕に少しの勇気と度胸があったなら、沖縄で音に浸る人生を選んでいたかもしれない。
 

空に向かって萼を差し伸べるあじさいの季節。梅雨本番。熱したアスファルトを冷ますように、雨が降る。刺すような陽射しも一転、羽織ったシャツの間を、ひんやりとした空気が通り抜ける。

204 満たす言葉、そこにある幸福


音楽を聴き、思いがけず友人に会い、心地よい時間を過ごしたからだろう。朝から目が冴え、心軽く出かける休日。桜が散り、新緑が眩しく光っている。

あー、この季節、やっぱり好きだなぁ、と大きく息を吸い込む。空と緑の馴染みの良さを、体いっぱいに浴びる。十分に幸せな毎日だ、と思ってはいるけれど、今日はまた、幸福の一日になりそうな予感。

面倒だ、と思った時は、体を動かす。どうしようかと迷っていた展示にでかけ、言葉と出会う。心を通した言葉には、やっぱりエネルギーがある。はたらく人々の体から生まれた99の言葉を一つ一つ手に取り、体を通してみると、水に浮かんでいるような、空に浮いているような、思い満たされた体に気づく。みんな、すごいなぁ。人って、すごい。
 
続きを読む >>

203 まわるまわる


友人に主旋律を歌ってもらい、コーラスを入れようと音を重ね始めたはずなのに。スピーカーから出力された音程は、主旋律からちょうど二度上をなぞる二人の同音ハーモニー。
まわるまわるよ 時代はまわる
四季はめぐり、干支はまわり、その時間分の体験がまた体に蓄積されていく。と同時に溜まった澱や、固まった所作を、新たな年度に向けて、軽みあるものにしておく必要がある。

そこで、旅に出る。
二時間ほど列車に乗り、本を読み、レンタルして来た映画をスマートフォンで観る。考え事をして、コーヒーをちびちびと。ホテルに着いたらどこにも出かけず、買ってきた弁当で食事をし、ついでに普段は飲まないアルコールも少々嗜んで、ほろ酔い加減にFaceTime。一人旅でありながら、独りではない時間。

 
続きを読む >>

202 一年を、はじめよう

iPhoneImage.png

グズグズと”行けない理由”を並べる僕に、やんわりと、しかしきっぱりと、親友が言った。「ま、結局それは意志の問題だよ」と。無限に時間があるかのように毎日をすごしていた20代と違い、40を手前にして、互いになんとかやりくりすることでしか時間をつくることはできないのだということ、頭ではわかっているつもりだったんだけれど。結局、こうして、いつもはっとさせられる。

最近はさ、旅先でもイベントは1日1つでいいね、とか、、無理なスケジュールで何かをするくらいなら次回の楽しみにすればいいね、、なんて言えるようになったのも、互いに年を重ね、落ち着いてきたからか。年長者からは、「まだ早い!」と言われてしまうのだけれど、、旅の目的が変わったのだから、これもまた大事な変化と自分自身は納得していたりする。以前は、新しいものを見たり、おいしいものや珍しいものを食べたりすることに重きがあったのだけれど、、今は、誰とどんな時間を過ごせるのかが一番大切になってきた。そのための仕掛けとして、景色やおいしい食事があるだけで、、実際のところ、それらが絶対になくてはならない、というわけではなくってきたのかもしれない。

とかなんとか言いながら、、僕も友人夫婦も根が食いしん坊だから、、しっかりとおいしいものを食べつつ、尽きることなくあれこれ話をして過ごした。
続きを読む >>

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
profile
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
みんなのブログポータル JUGEM
sponsored links